おでかけ

七五三と広島

先週末は姪っ子の七五三

Dsc_0816_sp0000
ニュースで見た『深曽木の儀』と同じ碁盤の上から飛び降りる儀式、初めて見ました~^^

今週末は義両親の御接待で広島と岩国へ

Dsc_0907_sp0000

錦帯橋の近くで天然記念物のシロヘビも見学~意外にルビー色の目がかわいい^^苦手な方もいるかと思うので写真は割愛smile 

Dsc_0932_sp0000_2
厳島神社、水位はまだ高め…?

Dsc_0989_sp0000
原爆ドーム

岩国寿司やキャベツ山盛りのお好み焼きはとってもおいしくて、宮島の鹿はおっとり和むし広電も楽しかった。けど一番残ってるのは平和記念公園の慰霊碑の碑文『安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから』かなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分の日に

イワシと恵方巻きと豆でお腹いっぱいの節分でした。(豆の数が多いから?)

夫婦で関東出身なもので恵方巻きの正しい食し方がわからないのですが…無言で一本食べ切るんですよね?喉を詰まらせながら涙目で食べ切り、達成感はいっぱい味わいました。何か間違ってるのかな~?

そんな節分の日、南京町の春節祭に行ってきました。身動きのとれない人込みの中、写真を撮ってはみたもののできはいまひとつ。バリアングル…難しいですthink

Dsc_0403_sp0000

その後帰宅途中、電車から見えた夕陽があまりにもきれいだったので途中下車し海に走りました。が、ちょっと遅かった~

Dsc_0418_sp0000

あと15分早かったら…(快速だったのでなかなか下りられずcrying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけまして

あけましておめでとうございますsun

関東以外は全国的に荒れ模様の年末年始で~日々の生活はもちろん、旅行や帰省に影響のあった皆さま、お疲れさまです。私たちは帰省の途中雪を覚悟していたのですが、帰りに信楽あたりでぱらぱらあられに降られたくらいなもので、ちょっと拍子抜けする程お天気に恵まれたお休みでした。

Dsc_0235

渋滞中にぱちり。タワーのさきっぽが車のサイドバイザーごしにへなっとして、炎の揺れるトーチのように見える~^^

Dsc_0238

伊勢神宮に初詣。今年は人込みを避けて夕方にと計画したのに渋滞や睡魔に襲われ恒例の車中泊(TへT)翌日早朝の参拝になりました。初めて内宮神楽殿で御祈祷して頂きました。無事に一年過ごせますように。

私や私の実家はあまり厄年とか気にしない方なんですが、旦那さんの実家が割と信心深く、必然的にお参りやお払いの機会が多くなりました。厄って本人だけでなく家族や周りに影響があったりするそうで。ま、長い一生、どこかで心身の用心やメンテナンスのためにちょっと立ち止まって静かに暮らす日々が必要なのかも~と思うこの頃です。

今年も沢山の素敵な出会いがありますように。

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の一日

今月始めに関西有数のススキの名所、砥峰高原(とのみねこうげん)に行ってきました。
家からだと車(セダン)で2時間弱。
来月公開の映画『ノルウェイの森』のロケ地として、バスツアーも組まれ人気のようです。
確実に去年より人が多かった~ふらふら

トラン監督をして「官能的」といわしめた草原風景。
撮影監督も「素晴らしくエモーショナル」と気に入ったとか。

映画では夏の緑と冬の白がほとんどのようですが、秋の金色に輝くススキは本当にきれいで…つい時間を忘れて写真を撮り続けました。

Tonomine1

Tonomine2
Tonomine3

Tonomine4

どうかこのまま、ひそかな人気スポットとして変わらないでいて欲しいな…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近況報告がわりに

前記事から2カ月以上も経ってしまいました…

暑さに負けてひきこもり、静かな生活をしていましたが秋の訪れとともに徐々に活動再開。

今日などすっかり冬のような寒さに震えておりますthink

そんなのんびりな時間の写真達を近況報告がわりにどうぞ

Awaji_2

淡路島の夕暮れ

Photolesson

旧グッゲンハイム邸でのフォトレッスン

Cover

カメラのストラップカバーを自作してみる

Photoex

偶然見つけた写真展

Onaeba

大阪港の夕暮れを撮ったり

Wreath

六甲山のアジサイでドライフラワーリースを作ったり

Hd_4

Hd_3

薪ストーブのある素敵なカフェでランチを頂いたり…

おなじみの仲間とのお出かけだけでなく

新たな出会い、新しい試みの準備なども少し…

近いうちお知らせできるかと思います。

さあ、地面を耕すのはそろそろ切り上げて、春に向けて種をまかなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑の山と紺碧の空…ぐるっと和歌山その2

二日目は串本から東、鯨の町・太地町へ。古式捕鯨発祥の地で、ほんのり哀愁漂う静かな町です。昨今の鯨をめぐる情勢に翻弄された悲哀を感じます…wave

Wakayama3_2

実際に使われた捕鯨船と貴重な道具や資料を公開している、捕鯨船資料館にくぎ付けでした。

Wakayama10

いろんな思いを巡らせながら頂く鯨カツカレー…心なしか深い味がするような気がcatface

Wakayama2

また串本方面に戻り、台風情報などでおなじみの本州最南端・潮岬灯台へ♪

Wakayama9

紺碧の空に真っ白な灯台がまぶしく輝いて、これぞ夏っsun

海もきれい~

Wakayama8 

水平線が丸く見える絶景を美しく撮るには、標準レンズと私の腕では力不足でしたthink

また欲しいレンズが増える~~~sweat01

Wakayama5

潮岬を後にして、早めに白浜へ向かったのですが…甘かったsweat01夏はこんなに渋滞するのねcoldsweats01

仕事でよく行く旦那も平日の和歌山市街がほとんどで、その先の様子、特に夏の白浜周辺事情は実感がなく…逃げ場のない半島で渋滞するのは房総と一緒だなぁgawk

時間に追われ、白浜は通過するだけに…真っ白い砂浜、楽しみにしてたのに~weepでもなんとかその日のうちに家にたどり着いたので、まぁよしとしましょうbearing

初めての和歌山、ハイシーズンで見通しが甘いところもありましたが、山も海もとびっきりの美しさで見どころ満載!の楽しいところでした。

今度はポイントを絞ってのんびり行きたいもんです…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

緑の山と紺碧の空…ぐるっと和歌山その1

連休にあわせたかのように梅雨明けした関西ですsun

前から訪れてみたかった、和歌山のあちこちにお出かけしてきました。

阪和道が和歌山に近づくにつれ、浮き輪を積んだ車が多くなりリゾート気分が高まります♪

皆がそのまま白浜に向かう途中で左にそれ、くねくねの山道・龍神街道をひたすら進み石窯パンの老舗『もんぺとくわ』へ。

お目当ては日曜日にパンが焼き終わった後だけ食べられる、石窯ピザ☆トマトとみその二つの味があり、なかなか来られない場所だからと両方頼んでみました。

これが大正解。トマトはオーソドックスながら上に乗ったアスパラや豆、チーズのボリュームがたまりません~heart01

みそ味はなすとバジル、チーズがとろとろでさわやかなお味…なんだろう、覚えのある味だけど…とよく見てみると、茶色のきゃらぶきがチーズに隠れてしっかり存在感をアピールしてましたeyeピザには意外な組み合わせですが、いや~けっこうしっかり目な味付けでワインやビールが飲みたくなる~車でなければ…beer

ピザと一緒に頂いた有機焙煎コーヒーや梅ジュースも滋味あふれる美味でございました。

美味しいだけでなく、たたずまいも絵になるところだったのですが、写真お断りだったのがちと残念weep

お腹一杯になったところで、弘法大師が開湯したと伝えられる龍神温泉へ。

山奥の渓流沿いにひっそりと並ぶ老舗温泉宿から少し離れたところに目指す温泉はありました。

無色透明、匂いもほとんどない温泉ですが『日本三美人の湯』だけあってとろとろのお湯でお肌によさそう!つかってみると、お湯はとろとろなのにお肌はキュキュッと音がしそうな手触りに。これは…効きそう、絶対また来よう♪

温泉の後は熊野本宮大社へ。

Wakayama1

ここも伊勢神宮と一緒で境内は撮影禁止。でもその前に雰囲気に気おされてカメラを出そうという気にもならないところでした。さすがほんもののパワースポット。

いつかは熊野古道を歩いて参拝してみたいと思います…

お参りの後は新宮に抜け、海沿いを南下して串本まで。

毎度のことながら食事・温泉・参拝以外は車に乗りっぱなしの旅行ですthink

つづく…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰ぬけ、骨抜き、骨切り

去年初めていろんな食べ方を知ってすっかり虜になったはも料理。

今年もはもの季節がやってきた!

はも、と言えば京都が有名ですが、その京都で供される鱧は淡路産が多いらしい…(と去年もmixiで書いた覚えが)

という訳で今年も、はも三昧目当ての淡路島旅行です^^

もう何度となく行っているので、今回は徳島まで足を延ばして、祖谷のかずら橋を目指しました。

まずは徳島市内で腹ごしらえ…

Kazurabashi_2

徳島ラーメンの巽屋さん。

すき焼きのような見た目に反し、割合にあっさりしたお味。

今まで何度か行ったことのある有名店よりも好みの味でした♪今度からこちらに行くようにしよう~^^次回からは玉子入りで。

かずら橋近くにはこんな小僧もいました^^

Kazurabashi_3

なぜか足元には硬貨がいっぱい!気持ちはわかるけど、ご利益あるのかな?

さてさてかずら橋。

Kazurabashi_4

最初は眺めて写真撮るだけのつもりだったのですが、見ているうちに渡りたくなり…

Kazurabashi_6

渡っちゃいました~!!

下の川が見えてるの、わかるかなー?

Kazurabashi_5

私は高いところ平気なのですが、旦那は学生時代に事故?で高いところから落ちて入院したせいか、あまり得意ではないのです…

が、今回は意外にも私がダメでした^^;

橋を渡り始めた時に、ぐらっと揺れたんです。そこで踏ん張ろうとしても、この足場です(><)

一気に恐怖感に襲われて、暫く動けなくなりました。

そんな私を見てしっかりしなきゃ!と思ったのか??「俺、大丈夫だ~^^カメラ貸して」と軽快な足取りで動き回り、写真を撮っていた旦那さまです。

いつもは自分の写真が殆どないのですが、今回はそんなわけでへっぴり腰な私の写真が何枚も撮れました(;へ;)

Kazurabashi_7

そして淡路島に戻り、お待ちかねのはも三昧~

Kazurabashi_8

湯引きに

Kazurabashi_9

あぶり寿司に

Kazurabashi_10

はもすきにてんぷら、などなど堪能しました!今年も美味しかったです♪

でも今年ははもの漁獲量が少なく、ちょっぴりお高めなんだとか。もう少ししたらいつも通りになるか、このまま不漁か、微妙なところだそうです。

今年は春から天候がおかしくて、桜も妙に長く咲き、紫陽花はいまひとつきれいじゃなかったし。最近はまさに『バケツをひっくり返したような』ものすごい雨が降っても30分後にはすっかりあがっていたり。

何かがおかしいですよね…そのうち美味しいもの食べられなくなっちゃうのかなぁ…(そこかい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄子の部屋

まだ両手で足りるくらいの回数しか乗ったことのない大阪市営地下鉄・谷町線。

馴染みのない駅名のアナウンスが最初は全く聞きとれず、そんな自分にビックリしたものです。

長い駅名は特に難しい…けれど、路線図の漢字と読みの音が一致すると『へ~』と感心というか納得というか。

私のお気に入り駅名(?)は

『のえうちんだい』

野江内代 と書きます。

まだ読み方を知らなかった頃は、やえないしろ??と勝手に思いこんでいました(笑)

そして谷町線で一番長い駅名は

『してんのうじまえゆうひがおか』

四天王寺前夕陽ヶ丘 。。。

総理!(古っ)

そして読めない駅名(私の中で)No.1に輝くのはこちら!

『喜連瓜破』

きれうりわり と読みます^^

知ってる人はなんで読めない?って思うのかしら。

路線図を眺めるだけでしばらく楽しめる事に気付いた今日この頃です^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやしのパン教室

『憧れの先輩が自宅でお教室を始めたので、ご一緒しませんか?』

そんな魅力的なお誘いで、京都のちいさなパン教室に行ってきました。

先日訪れた折に下調べをしたおかげか、街のつくりがおぼろげながら理解できるようになった京都。

よし、一人でも遊びに行ける!と自信を付けたところでこのお誘いを頂き、なんとも不思議なご縁を感じました^^

閑静な住宅街の新しいおうち。

ご家族の写真が沢山並べられた、愛あふれる素敵な空間でした。

教えて頂いたのはかぼちゃパンとトマトバジルパン。

捏ねながら、ふわふわな生地の手触りにうっとり…

パンが焼きあがるまで、先生の赤ちゃんと遊びながら皆でおしゃべり。

この子がまたご機嫌でにこにこしていて、愛らしいという言葉がぴったりなのです。

あぁなんかいい時間だな~と思っていたら、パンの焼きあがるいい香りが漂い始めました。

皆、思わず深呼吸^^しあわせな香りですね。

焼きあがったパンと、先生の用意して下さったローストビーフとビシソワーズでランチタイム♪

1

2

焼きたてというだけでなく、ビックリする程ふわふわなパンでした。

これだけでもすてきなのに、さらにデザートまで用意して頂きました。シアワセ~♪

3

しっとりふわふわで、ほんのりきなこ風味のシフォンケーキ。

キャラメルフレーバーのアイスティーとの相性もばっちり!

美味しいものでお腹はもちろん、心も満たされた、素敵なパン教室でしたshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)