land of my heart

ツナミニモマケズ(4/27追記あり)

追記:angieさんの炊き出しの記事は4/22付けです。

***********************

神戸で暮らし始める以前、3年弱程岩手の内陸部に住んでいたことがあります。

スクラップブッキングを始めたのも岩手。

師匠(というと『やめてー!』と声が聞こえてきそうですが)はangieさん。とっても広い岩手県(四国4県よりやや小さいくらいの広さと言われてます)を駆け巡りSB普及活動をされています。

そのangieさんの活動をちょっとご紹介♪

津波の被害が大きかった沿岸部に、炊き出しのお手伝いと託された支援物資のお届けに行かれたそう。

毎日おにぎりと菓子パンじゃ栄養も偏るし、何より飽きますね…あたたかいおそばは喜ばれたとか。

そして支援物資はニットキット。避難所で一日手持ちぶさたで過ごされている方からの、何か手仕事で気を紛らわせたいというリクエストがあったそう。寒い冬を家の中で過ごす時間が長い東北は、昔から手仕事が盛んな土地ですもんね。

もう一つのお届け物、それはスクラップブッキングやカリグラフィーで有名な中澤千寿子先生の呼びかけで始まった被災地への応援メッセージ「Chee's Pea Tag プロジェクト」のタグ。

皆さんは宮古(岩手の沿岸部)の写真屋さんが津波で浸水し汚れた写真の修復をしている、という新聞記事やTVをご覧になりましたか?その活動を知った中澤先生が6インチペーパーにステッカーなどを貼り、写真台紙として100枚+応援メッセージタグをその写真屋さん、ヤマザキカメラさんに送られたそう。

ヤマザキカメラさんで2年前に講習していたangieさんが先生のブログを見て連絡し、今回のタグを直接避難所に届けることになったそうです。

angieさんのブログはこちら、ぜひリンク先も覗いてみてください。ヤマザキカメラさんの新聞記事もUPされてます。

遠く離れている私たちにできることは、この先ずっと現地の様子を気にかけながらも日々の生活を元気に送っていくことかも知れませんね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)